【Azure】仮想マシンをAシリーズで作成したい場合は注意が必要

Azureで仮想マシンを作成する場合、コスト面でお得なのはAシリーズ。
ただAシリーズで仮想マシンを作成すると、他のシリーズへのサイズ変更ができない場合があります。

Aシリーズで仮想マシンを作成した場合の制約

Aシリーズで仮想マシンをデプロイした場合、他のシリーズにサイズ変更ができない場合があります。
実際変更できないケースがあったので、メモしておきます。

また、VM をホストするサーバー群 (クラスター) のスペックによっては、サイズの変更が行えない場合があります。
例えば A シリーズから D シリーズへのサイズ変更を実施したい場合でも、 A シリーズのみ動作可能なクラスターに配置されている VM はサイズ変更を行うことができません。これは、D シリーズの VM をホストするには、A シリーズをホストしていたサーバーよりも高スペックなサーバーが必要となるためです。 VM のサイズ変更について – Japan Azure Technical Support Engineers' Blog

Aシリーズから他のシリーズへサイズ変更したい場合

初期構築時

他のシリーズ(Dとか)で仮想マシンをデプロイしてから、Aシリーズにサイズ変更する。
これが一番手軽な方法です。

既にAシリーズで作成してしまった場合

仮想マシンのサイズ変更ができない場合、仮想マシンの再作成が必要になります。(再デプロイではない) 一旦仮想マシンを削除して、管理ディスクからVM作成します。

手順は以下が参考になります。
リソース マネージャー (ARM) 環境で既存の VM を既存の可用性セットに追加する方法[管理ディスク編] – Japan Azure Technical Support Engineers' Blog

GUIではNICが再作成となり、パブリックIPが変わってしまいます。

仮想マシンを作成するときにそのネットワーク インターフェイス仮想マシンにアタッチすることができます (PowerShell または Azure CLI を使用)。 Azure ネットワーク インターフェイスの作成、変更、削除 | Microsoft Docs

CLI だと az vm nic add で既存のNICVMにアタッチできます。↓
既存のネットワーク インターフェイスを既存の VM に追加する
docs.microsoft.com