vim 使うならvimtutorしてみよう

普段vimを使っているのですが、
こんなのあるの知らなかった….

これから身に付けようと思っている方はお試しください。

vimtutorとは

vimの使い方を覚えられるツールです。

使い方

ターミナルから以下コマンドを入力するだけ。

$ vimtutor ja

すると

===============================================================================
=    V I M 教 本 (チュートリアル) へ よ う こ そ        -    Version 1.7      =
===============================================================================

     Vim は、このチュートリアルで説明するには多すぎる程のコマンドを備えた非常
     に強力なエディターです。このチュートリアルは、あなたが Vim を万能エディ
     ターとして使いこなせるようになるのに十分なコマンドについて説明をするよう
     なっています。

     チュートリアルを完了するのに必要な時間は、覚えたコマンドを試すのにどれだ
     け時間を使うのかにもよりますが、およそ25から30分です。

     ATTENTION:
     以下の練習用コマンドにはこの文章を変更するものもあります。練習を始める前
     にコピーを作成しましょう("vimtutor"したならば、既にコピーされています)。

     このチュートリアルが、使うことで覚えられる仕組みになっていることを、心し
     ておかなければなりません。正しく学習するにはコマンドを実際に試さなければ
     ならないのです。文章を読んだだけならば、きっと忘れてしまいます!。

     さぁ、Capsロック(Shift-Lock)キーが押されていないことを確認した後、画面に
     レッスン1.1 が全部表示されるところまで、j キーを押してカーソルを移動しま
     しょう。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
                         レッスン 1.1:  カーソルの移動


       ** カーソルを移動するには、示される様に h,j,k,l を押します **
             ^
             k              ヒント:  h キーは左方向に移動します。
       < h       l >                 l キーは右方向に移動します。
             j                       j キーは下矢印キーのようなキーです。
             v
  1. 移動に慣れるまで、スクリーンでカーソル移動させましょう。

  2. 下へのキー(j)を押しつづけると、連続して移動できます。
     これで次のレッスンに移動する方法がわかりましたね。

  3. 下へのキーを使って、レッスン1.2 に移動しましょう。

NOTE: 何をタイプしているか判らなくなったら、<ESC>を押してノーマルモードにし
      ます。それから入力しようとしていたコマンドを再入力しましょう。

NOTE: カーソルキーでも移動できます。しかし hjkl に一度慣れてしまえば、はるか
      に速く移動することができるでしょう。いやマジで!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
                         レッスン 1.2: VIM の起動と終了


  !! NOTE: 以下のあらゆるステップを行う前に、このレッスンを読みましょう!!

  1. <ESC>キーを押しましょう。(確実にノーマルモードにするため)

レッスンが出てきます◎

余談ですが、私がvimを使うことになったきっかけなのですが、
Linuxを触り始めた時に、当時のOJT
Linuxのエディタはvimしかないんだよ」と騙されましたw

当時はOJTに横で「違う!そうじゃない!」と言われながら
半泣きで使い方を覚えました。

今は使えるようになって感謝しかありません。