読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

arp コマンドについて

Network LPIC Level2 LPIC 201

LPIC 勉強会で質問したのでアウトプットします。(まだまだあるよ)

www.lpi.or.jp

ARP (アープ) と読みます。Address Resolution Protocol の略です。

接続先の IP と MAC アドレスの 対比で、クライアントが過去に接続した先の MAC アドレスを一定期間キャッシュします。

キャッシュしておくことで、接続先の負荷を減らすことが出来ます。一定期間しかキャッシュしないのは、IPアドレスが変動するからです。

 

小悪魔女子大生が分かりやすく説明してくれてます。

小悪魔女子大生のサーバエンジニア日記 » Blog Archive » ARPのしくみ

 

※ちなみに Windows 上でも確認できます。(マスキングしてます)

f:id:iwamocchan11:20150322012206p:plain

 Linux でも確認してみましょう。

# arp -n
Address                HWtype    HWaddress             Flags  Mask    Iface
xxx.xxx.xxx.xxx     ether         xx:xx:xx:xx:xx:xx        C                  eth0
xxx.xxx.xxx.xxx     ether         xx:xx:xx:xx:xx:xx        C                  eth0
xxx.xxx.xxx.xxx     ether         xx:xx:xx:xx:xx:xx        C                  eth0

 しばらくしてからまたコマンドを叩いてみると、いくつか消えていました。

 

サーバの障害等でサーバ交換などのメンテナンスが発生した際、ARP キャッシュが古いことが原因で、通信できないことがあります。IP アドレスが同じでも MAC アドレスが変わっているからです。

 

ネットワークの設定は完璧なんだけどなあ?という時は ARP テーブルを疑い、下記のコマンドでリフレッシュします。

# arp -d <hostname>

itpro.nikkeibp.co.jp

www.atmarkit.co.jp

atnetwork.info