読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iSCSI について

LPIC 201 LPIC Level2


2015年3月末までに資格取得を目指そう!LPIC&OSS-DB&HTML5 勉強会|Linux技術者認定機関 LPI-Japan [エルピーアイジャパン]

LPIC 勉強会にて質問した内容をアウトプットします。

 

あずき本 P.190 LPIC Level2 (201) iSCSI です。


Amazon.co.jp: Linux教科書 LPICレベル2 Version4.0対応 (EXAMPRESS): 中島 能和, 濱野 賢一朗: 本

iSCSI の概念図を見ても ??? なので質問しました。

 

チューターさん「ストレージって分かる?」

(´_ゝ`)「ストレージ?」

チューターさん「普段自分で PC を使っている場合は HDD で事足りているけど、金融機関等はそういう使い方をしてなくて、情報はすべてストレージという補助記憶装置で管理していて、サーバと HDD を分けて使用してるんですよ。」

(´_ゝ`)「なるほどー」

チューターさん「実物見るのが早いよね」

 

そもそも私、ストレージって見たことないんだ....orz (誰か見せてー)

なんとなくイメージを掴むためにさらに調べてみました。

補助記憶装置 - Wikipedia

 

SAN とはストレージ専用のネットワークのことです。

さらに SAN スイッチは SCSI プロトコルを使用した装置になります。

Small Computer System Interface - Wikipedia

光ケーブルを使用します。

SAN 光ケーブル - Google 検索


Networkキーワード - SAN:ITpro

 

今回の本題になりますが、インターネット上で SCSI プロトコルを利用できる仕組みが iSCSI プロトコルになります。

iSCSI (Internet Small Computer System Interface)

iSCSI - Wikipedia

LAN ケーブルを使用します。


五つの新常識で柔軟なストレージ・ネットを作る - 新常識(3) iSCSIで安価に構築:ITpro

 iSCSI ではネットワーク機器が使用できることから安価に SAN を構築できるのがメリットです。