読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

history に実行した日時を表示する

LPIC Level1 bash LPIC 102

history コマンドを実行した際、実行した日時も出したいなんてときはシェル変数 "HISTTIMEFORMAT" を使用することで実行できます。(bash 3.0 以上)

 

設定できる値は man strftime を参照に。

# HISTTIMEFORMAT='%y/%m/%d %H:%M:%S ';

そうするとこんな感じで

# history

100 14/12/25 00:45:51 history

表示されます。

 

シェル変数で設定するだけでは次回ログイン時に戻ってしまいます。

各ユーザごとに設定したい場合は各ユーザの .bashrc に、ユーザ全体に設定したい場合は /etc/bashrc に記述してください。

設定はログイン時から有効ですが、即時反映させたい場合は source コマンド。

 # source ~/.bashrc

または

# . ~/.bashrc

 ※ LPIC Level1 勉強中の人なら分かるけど、この辺存分に出ます。実際に設定して反映させてみると理解できるかと思います。

 

注意点として、シェル変数 "HISTTIMEFORMAT" を設定して以降の実行日時しか残りません。設定前の実行日時は、一律してログイン時などのコマンド実行履歴を読み込んだ日時が表示されます。